銀行印とATM

銀行印イメージ

私達は銀行で口座を開設したり、講座からの引き落としを依頼する場合に銀行印を押します。
そして自分名義の銀行口座から、お金を引き出す場合にも使用しなくてはなりません。

でも今の時代はほとんどがATMでの引き出しでしょう。なかには特にお年寄りはATMの操作がよくわからなくて、払い戻しの用紙に口座の名義人の名前と銀行印を押して窓口へ持っていきます。

確かにあのATMでの操作はお年寄りには過酷とまでは言い切れませんが、コンビニのコピ-機の操作同様わかりづらいものでしょう。
おそらく機械からいろんな指示があり、それにどう対応したらいいのか戸惑うことも多いと思います。
さらに後ろに他の人が並んだりしたら焦りますね。私達には他人と接しなくて便利なものなんですが。

お年寄りは別に時間に追われないので、窓口で行員さんとお話もできるように銀行印を押してお金を払い戻すのでしょう。
それもまたお年寄りの他人とのコミュニケ-ションとしての楽しみなのでしょうか。

銀行印 印鑑として疑問に思うこともあります。落した時や盗難にあって悪用されるのを防ぐために、今は通帳に銀行印を貼らなくなりました。
当然と言えば当然のことだったのですが、いくつかの銀行口座を持ち、それぞれに違う銀行印を使用しているとすると、どの口座がどの銀行印ということも予め記憶し、記入しておかなければなりません。それもまた面倒かもしれません。

銀行印と個人の認印を同一にしてしまい印が欠けてしまったら、銀行印としては使用できなくなります。
そういう場合も考えて認印と銀行印とは違ったものを使用するのがいいのではないでしょうか。

ページの先頭へ