印鑑の不思議

認印イメージ

よく宅配便や郵便が届いた時に「認印でいいですよ」と言われますね。
でもこの頃は「サインでもいいですよ」とも言われるようになりました。その違いは何?とも思います。
住所が該当していれば本人じゃなくても家族ならサインでも認印でも受け取りの証となるのでしょう。

市役所・区役所などの公的機関でも証明書の受け取りの場合には「認め印を押してください」と言われます。
発行する側も受け取る側も認印の有無で成り立つ日本の社会のしくみって不思議です。
書類に印鑑がないだけで送り返されたり、再提出しなければならなかったりと誰もが一生に一度は絶対に経験あるのではないでしょうか。

そしてその度に「え~また~」と悔しい思いをしてきました。
何とも納得のいかないお話ですが、この日本社会で生きていくためには仕方ないのでしょうか。

街にははんこ屋さんがたくさんあります。そしてあまり倒産したという話を聞きません。
きっと酒屋さん・お米やさんと同じで昔からの日本社会では必要なものなのでしょう。
サインと認め印との違いとして、サインを本人のものと確認するのでしょうか。

わざわざ筆跡鑑定までして本人確認しているのでしょうか。
それからすると認印シャチハタでも本人を含めた家族全てを証明するものなんでしょうね。

確かに全てを代表して表しているハンコというものは合理的で手間を省いたものといえます。
でも認印シャチハタは宅配便受け取りや郵便物の受け取りには使用可能だけど、公的な書類には使用不可能です。
それも不思議と言えば不思議なんですが。ともかく日本社会の不思議なしくみです。

ページの先頭へ